ムチェルの塩釜焼き

不真面目に真面目で時に気まぐれ

彷徨う羅針盤

「珍しく最近更新多いですよね!」そんなことを言われたい。どうも僕です。

 

なんとなく思い立ったので書いていきたいと思います。今日のタイトルはこちらっ!

 

(ここに浜田雅功の画像が入る予定です。入ってなかったら忘れてます)

 

個人的なサッカーの楽しみ方

 

はい。

 

サッカーの見方って様々ですよね。立場も人それぞれ

 

サッカーをやってた人、やってない人。

 

男性、女性。

 

個人が好きな人、チームが好きな人。

 

勝つことを重要視するひと、応援を重要視する人。

 

古参、にわか

 

1チームを応援する人、掛け持ちする人

 

Jしか見ない人、海外しか見ない人、どちらも見る人、代表だけ見る人。

 

いろんな立場でいろんな見方があると思います。

 

ただ、個人的に上記の中でも「これ!」と偏ってみるのはあまりお勧めしませんので、僕個人の見方をここで書いて、少しでも裾野が広がればなと思います。

 

まず一点目は

あくまで公平に。ダメなものはだめ

 

これは僕のブログを見てればわかると思いますが、ジュビロの選手にもはっきりダメなときはだめと言います。

 

叩きたいわけではありません。単純に「もっとできると思ってる」期待を超えてくれなかったら、それは「期待外れ」になってしまいます。

 

期待をされて試合に出ているわけですし、僕も少なからず出ている選手には勝利をもたらしてほしい。それが満足にできなかった。そこでいいプレーができなかった。それが何試合か続いた。その時に「ドンマイ」で済ませるということは、ある種「そんなもんだよね」というメッセージになりそうな気がするんです。

 

前にも書きましたが、ブーイング=悪ではないんです。届かないかもしれないけど、それがメッセージなんです。

 

さらに「公平に」というのは、ジャッジに対してもです。確かに有利に働くジャッジはラッキーです。けど、基本的に主審が笛を鳴らすとき、大体はファールです。(納得いかないときもあるけど)

 

自分たちが不利な判定を受けたときだけワーワーいうのは僕はあまり好きじゃありません。あまりにもひどい時(神戸戦のハンドとか)以外は大体公平にさばいてくれてます。なのであくまで公平に試合を見るようにしてます。これ、何となくですけど「仕方ない」が増えて大人になった気持ちになるし、心に余裕ができますよ。

 

 

次回対戦する相手のハイライトを過去2,3試合見て何となくスカウティング風のことをする

 

別にすべてを分かろうとしなくていいんです。プロじゃないんですし。

ただ、どういう攻撃で点とっているのか。(例 サイドからのクロス。セットプレー。カウンター)誰が点を取っているのか。誰がパスを出しているのか。

 

これを見るだけでも次自分たちの選手で誰がキーマンになるのかがなんとなーくわかります。

例えば磐田をスカウティング風にハイライトを見るとしたとき、「川又でかいなー」とか「大久保嘉人ミドル狙ってくるなー」とかでいいんです。じゃあそこを誰が守備するのか。自分のチームのDFに高さはあるかな?とかミドル打たせないように早く寄せてるかな?とか見方がワンランク上がる気がしますよ。

 

守備面も同じです。どうやって点を取られてるか。その相手に対して分がよさそうな選手はいるかな?とか考えるだけでもものすごくサッカーを見るのが楽しくなります。

 

 

1チームだけはもったいない。DAZNがあるなら活用しよう!

 

なかなか見る機会がない海外サッカーも、J1やJ2の他チームもDAZNがあれば見れるんですよ。(広告付いてないです)

 

暇でやることないなーって時に、ハイライトや試合を見ることで「このチームおもしろそう」というというのが増えるかもしれません。

 

僕自身海外のことはニワカです。ツイッターDAZNから情報を仕入れてはいますが、まだまだニワカです。

 

最初は誰でもニワカなんです。それで叩いてくるやつは、自らファンを減らしているのと同じです。無視しましょう。

 

 

とここまで書いてきましたが、これ以上書くとわけわかんなくなりそうなのでこの辺で…。

 

 

次回(反響があれば)また書きたいと思います!

 

では!

ダダ滑りの余興

はい。こんばんわ。「こんばんは」を「こんばんわ」ってやる系男子です。

 

今日は磐田のことは書きません。磐田を求めているならそっと閉じてほしい。

 

今日はルヴァンの川崎vs鹿島を見てきました。その感想を書いていきたいと思います。

 

決して良くはない常勝軍団 自ら熱を奪った川崎

この試合を見るにあたって、磐田を見てる僕からすれば「酷いって言うけどこれくらいなら」ていう気持ちでした。修正できる酷さというか、メンツがそろってない酷さというか。メンツがそろってても酷い磐田よりはいいでしょ?っていう気持ちでいました。

 

 

ふたを開けてみるとまぁ川崎さんは点を取りに行くクオリティではないことがはっきりと見えてくる。

 

たしかにレオシルバはスーパーだった。守田と大島は川崎にいなかった。それを差し引いても川崎にはビジョンどころか目の前の味方すら見えていなかった。

 

知念はほんとにフィジカルを買われて出ているのだろうか。ゲームメイクが実はものすごく上手なのだろうか。外に流れたり、バイタル手前で受けたりしたところでなんのアイデアもないように思えた。

 

赤崎、鈴木雄斗。走っていたとは思う。それは効果的だったか?どうしたいんだ?どこで受けたいのかわからない。

 

奈良、鈴木優磨にいいようにやられて挑発にも乗ったね。それでいいんか?

 

各選手に言いたいことはある。

でもまず川崎の問題点は

・パススピードの低下

・ポジション取りの遅さと違和感のある低さ

・鹿島の熱量に合わせてしまった。自分たちで熱量を上げきれなかった

 

 

一つ目に関してはメンツが変わったこともあり、仕方のない部分ではある。そこから二つ目の問題点も出てしまう。仕方ないといえば仕方ないのかもしれない。

 

 

問題は三つ目である。精神論の話はしたくないが「勢い」というものは必ずある。一点目とられた後、二点目とられた後。自分たちでどうにかしようというものが感じられなかった。鬼木さんも含めて。

 

 

あの試合をされてタイトルを狙ってるとは到底思えない。言い訳を考えてるのかなっていうくらいなにもしなかった指揮官。正直がっかりしました。

 

 

じゃあ鹿島がよかったのか?と言われると正直微妙ではある。レオの出来が良かったこと。町田犬飼がラインを我慢して上げ続けたこと。チャンスを決めきったこと。鹿島の良さと弱点の修正力はお見事だった。

 

 

ただそれ以上に川崎の精度が悪すぎたのだ。

 

磐田よりも個々の耐久力はない。それなのに殴られ続けるということは決まりごとがないのが明確に見えてしまった。

 

 

攻撃も中村憲剛の独創性に任せっぱなし。やってることがまるで磐田だった。

 

シルバーコレクターどころか、今後の上位進出に黄色信号がともってしまったなと強く感じた試合でした

 

憲剛はいずれどこかのタイミングでいなくなる。そのときに川崎に何が残るのか。ここで違和感を感じないとまずいのではないか。

 

 

 

他サポが感じた川崎の現状でした。

 

 

本気になれるか?

はーいどうもこんにちは!ぼくです!

 

元気に始めると気持ちがいいもんですね。

 

さて今日は、最近やばいやばい言っている僕が、ジュビロのどこが具体的にやばいのかを細かく書いていきたいなって思っている所存です。

 

僕の本気を見せます(本気【検索】)

 

忘却と美学

まずそもそも、名波はインフルエンサーとしての素質がある。というか正直それしかない。もちろん現役のころは魔法の左足がありましたけどもね。今はそうじゃないんですよ。そもそも戦術家ではない、けどそれが増える傾向も見えない。その元で育つ選手たちには気持ちと、イマジネーションのみが蓄えられる。言うなれば、体育教師が進路指導の主任みたいな感じ。「この大学に行きたいのか、じゃあ英語をもっとやらないとだめだな。俺は教えられないけど」的な感じ。

 

決して選手のレベルが低いわけではないんです。田口や山田、川又などの代表クラスはざらにいる。その選手たちが何をしていいのかわからない状況に陥ってしまった。戦術に関しては指望遠鏡でも覗いてみてくれってレベル。せめてチームスローガンの「繋ぐ」ことだけは口約束だけでもしといてほしい。女子の「マラソン一緒に走ろうね」レベルでいいから。

 

失いたくないから

結局僕が何を求めているのかっていうと、「勝ち続けられるチーム」になってほしいということ。何もできずにそばにいるだけならやめてほしい。100%勝利とはいかないのは百も承知。そんなバカなチームはない。けど一敗に対しての重みが感じられないチームになってしまってる現状には、そのくらいの気概を持ってほしいものである。ただ去年の出来が良かったことだけを燃料にして、その去年のシステムに縋りつくのははっきり言ってひとりよがりなんではないかなと思ってしまいますよ。

 

誰のためのサッカーだ?誰のためのジュビロ磐田だ?って考えたときに、選手やサポーター、スタッフにスポンサー様。ジュビロにかかわっているすべての人のサッカーである。もちろん名波自身のためでもあるし、僕のためのでもある。僕のために。あなたのために。磐田を応援している誰かのために。「勝利」というものはあるんではないのか?

 

正直今の磐田のサッカーを見ても無表情を貫ける自信はある。それだけサッカーがつまらなく、勝てそうになく、見てられないものになってきている。

 

困難と向き合うこと。逃げ出すのは恥ではない。やめたって構わない。力不足なのはもう目の当たりにしてる。戦術を磨かない。まだ前に蹴り続けて、フォローに行かないサッカーを続ける気ならやめてくれ。怪我人を言い訳にするならやめてくれ。面子には恵まれている。戦術次第では優勝レースに関わっててもおかしくないチームなんだよ。今の状況だとしてもね。

 

但し、やめるもやめないもチームと本人が決めること。ただし、やるなら勝ち続ける覚悟を持て。とにかく、僕らに希望を見せてくれ。思い出ファーストにしたくないなら勝てる判断をしてほしい。

 

行くあてのない僕たちの、新たなスタートはどこか。そのとき何と決別するのか。そのサヨナラの意味はなにか。

 

ジュビロ磐田、むしろ君の名は希望なのかもしれない

 

未来の答え

 

はい。皆様お久しぶりです。浦和戦以来かな?いろいろ立て込んでてブログに触れることができませんでした。

 

先に近況報告という前書きだけ済ませちゃいますね。8/15になぜか埼スタに行ったり(記憶はない)味スタでヴェルディと大分の試合を見たり、23日に前乗りで水戸に行って鹿島サポーターに手厚すぎる歓迎を受け、次の日にくそみたいな試合を見せられたり、9/1と2の宮城に二日間乃木坂を見に行ったりしました。アイドルのタオマフを買う日が来るとは思ってもみませんでした。どこかでブログにかけたらいいなと思ってます。

 

そんなわけで名古屋戦見てないです。ハイライトだけ見たんでまぁ失点シーンだけ振り返っていこうと思います。僕の衝動。

 

ケンカを売るなら強さを示せ

まずは前日の現地ラジオ?の名波の発言からこの試合は始まります。

 

「名古屋をもう一度残留争いに叩き落したい」

 

真意はわかりません。けど名古屋サポーターからすればイラっとくる発言なのはわかるっしょ。って思いますよね。

 

6連勝で勢いに乗っている相手を止めたい。ここで結果を出さないと自分たちの状況が苦しくなる。その状況で結果を残さないといけないという思いもあったんでしょう。

 

案の定負けて煽られます。そらそうよ。

 

勝てる状況下にいないだろ。そもそも苦手の名古屋にどのメンツでも勝てると思ってないわ。

 

そんなわけで自惚れコーチ(監督)のせいでくそめんどい状況になって試合を迎えます。

 

わかりきっていた失点 仇となったチームスローガン

 

失点シーンはさらっと行きます。

縦パス 2

横パス 2

繋ぎミス 2

 

守備戦術も攻撃戦術も、ビルドアップすら決まり事がなく6失点。チームスローガンの「繋ぐ」ことさえ出来ない

 

健太郎とカミンのに関しては若干戦術のなさの被害者のようにも思えます。

 

特に一失点目は名古屋の決まり事の遂行と、振り回された磐田のすべてが詰まってましたね。

祥平が降りていく名古屋FW(確認できてない)についていく。その時昌也は絞らなければならない。けど昌也は完全に金井に背後をとられ、失点する。

 

こんな形やってみたかったですね。

 

守備戦術のなさも相まって無茶苦茶きれいなゴールだったと思います。

 

もう振り返りたくない。もうこれで勘弁してくれ。

 

あの日名波と出会わなければ

もう正直名波さんには希望を持っていません。もちろん勝ったら喜ぶんですけど、僕が今まで見てきた15年間の磐田の中で「一番危機感のない地獄」が近づいていると思います。

 

今回の一連の流れをみて、まず一番気に食わないことは、自分たちの監督の発言のせいで煽られなきゃいけないこと。

 

勝てる実力がないのに晒しものになったんです。

 

そして攻撃の可能性のなさ、守備陣のメンタルの崩壊。カミンスキーのあんな表情見たくなかった。

 

川又も受けることはできても足元のなさを自分でわかってるはず。そこにフォローが来ないのは完璧に戦術のない名波の被害者(言い方ほかにあるのかわからない語彙力のなさ)だと思います。

 

このままだと落ちる。今年じゃなくても3年以内には落ちる気がする。フロントは仕事してくれてるとは思うが、ここは血も涙も情けもいらない。強くなる決断をしてほしい。

かしわでかしわをたべました

 はい、初手安定の謝罪です。柏戦遅くなってすみません。いきます。

 

中断期間はスローカーブ - ムチェルの塩釜焼き

 

 

先にこちらがあるのでこちらを先に見ていただけるとありがたいです!

 

 

 

まぁあの、土曜日だったので始発で出てシートを貼ってまぁいつも通りの出勤して。

 

 

長野から来た子が柏の葉を食ったりして。

 

 

丸亀製麺に一日二回(試合後含めて)行ったりして。

 

 

僕はもう成人してるのでお酒も飲んで最高の状態で日立台に入ります。

f:id:riomichi3160:20180809004318j:image

 

こんなんや

 


f:id:riomichi3160:20180809004159j:image

 

 

こんなんや

 

 

f:id:riomichi3160:20180809004155j:image

 

 

こんな画像

 

 

 

送ってもらいました。(自分で撮れや)

 

 

 

はい。試合内容行きます。

 

ギリェルメがいなくなった左には、休日出勤!宮崎智彦!でおなじみの宮崎さんが左に入ります。ここから怒涛の連勤が始まります。これ年収6000万円くらいの仕事はしてますよね。確か推定4000万円くらいでしたけど。休日手当と労災は降りるのだろうか。

 

 

柏さんはというと、瀬川と江坂とクリスとIJ。そこに手塚とボギョン。中山とかその他もろもろたくさんいました。優勝候補ですね。(棒)

 

 

ちなみにこの時点で松浦さんは3ゴール決めてます。先発です。おつかれ。

 

 

全然内容がないです。とりあえずゴールシーンだけ振り返ります。

 

柏さんは個人の力が爆発します。アダイウトンボール(50:50のボール)のボールをぶっちぎりでかっさらうIJ。健太郎がスライディングした感じに見えて、自陣方向にスライディングすんなよ!満員電車で音ゲーすんぞ!って感じ

 

IJ右サイドぶっちぎり一等賞。手をつないでみんなで一等とか言っちゃう人たちが見てキーってなってほしい。

 

きれいなグラウンダークロスからモンスターダンス江坂ー!!!!!

 

 

この日もきれいに先制されてます。

 

 

しかしながら、自然と負ける気はしませんでした。

 

松浦がマラドーナ並みのキープと突破を見せる。たぶんメキシコ大会くらいなら22人抜きできそうなレベル。

 

 

完璧な引きつけから大記ー!!!!

 

 

そうだよお前。そういうのが見たかった。フリーでしっかり右下に蹴り込むミドル。お手本。これがミドル。見れたのが嬉しくて言葉にできない。(奇しくも明治安田生命さん引用です)

 

大記。あと君松浦に感謝した?名波のところに行きたすぎて松浦完全に忘れてね?二人でやるゲームを3人いるところで出しちゃうタイプでしょ。感謝してね。

 

 

前半終了。

 

 

後半。なんかよくわかんないけど進みます。時は待ってくれない。

 

 

破門ロペスさん(もう柏にいないからね)が出てきて恐怖を覚えるも、祥平がしっかり顔でブロック。クリスだったら終わってた。

 

 

そんな中ワンダーボーイ。シンデレラガール。荒木大吾が見せ場を作る。

 

 

中山雄太を怪物ロナウド(ブラジル国籍の方)並のシザースでぶっちぎる。

 

 

川又へ「こんなんがほしいんでしょ?」とばかりにふわっとクロス。

 

 

偏差値3ごーーーーる!!!!!

 

 

野獣川又恐るべし。何も考えないでゴール前に立っててくれ川又。お前には知性もくそも求めてねえからとにかく走ってゴール前に立っててくれ。

 

 

そんなわけで鬼門日立台で勝利。

 

 

馬鹿みてえに喉からしました。

 

 

こどもの日 子どもが喜ぶ かしわかな

 

 

ということで遅れてさぁせんした!!!!!!!今日柏戦ですね!!!よろしくお願いします!!!!

奈落の底まで

最悪の敗戦から一日経ちました。皆様どうお過ごしでしょうか。

 

試合内容は触れません。ポイントだけ触れていきます。

 

崩れ去った理想、ブランド力のみのチーム

 

はい、これは監督の名波の件ですね。

 

昨日父親と行ってきたんですが、親とも結構マジで話し合いました。

 

俺個人は名波の戦術のなさがあまりにもひどいという主張

 

親は、枠組みがない中でやってきた俊輔の役割を山田がやらなければならない。それを軸に戦術なり采配なりを考えなければならないという主張。

 

確かに父親の言いたいことはとても分かります。俊輔はイマジネーションをくみ取れる選手。そこがいなくなったなら、それをやらなければならない。それはすごくわかるし、なるほどなと思った。

 

でもまず根本的に考えてほしいのが、イマジネーション>決まり事という構図でいいのか。僕はそれを親に問いかけました。

 

まぁ答えからすれば、まずいということでした。

 

決まりごとがある。最低限やらなきゃいけないことを決める。この枠を決めて、初めてイマジネーションやひらめき。選手の独創性や能力を生かさないと、まるで鉄筋を入れてない家のように崩れ去るものだと思います。

 

 

今まで勢いできた。アバウトなボールを川又が収めて、アダイウトンが走る。俊輔が散らして駿が飛び出してくる。やばくなったらムサエフが刈り取ってくれる。カウンターといえば確かにカウンターサッカー。でもそうじゃなかった。ただの勢いでのわーわーサッカーだった。

 

去年はそれでよかった。でも今のチームにはそれじゃダメ。川又が収めたところで何をすればいいのか。田口や山田が持った時に一人一人どうしたらいいのか。なんの決まり事もなかったのだ。

 

 個の能力だけでつないできたこのチームには重過ぎる現実を、赤い悪魔は躊躇なく突き付けてきた。

 

f:id:riomichi3160:20180817015854j:image

 

 

こちらは2失点目のシーン。アンカー康裕が抜かれて森俊が釣り出された。

 

この状況は仕方ない状況。アンカーが抜かれることも、CBが釣り出されることも想定の範囲内ではある。

 

 

f:id:riomichi3160:20180817020051j:image

 

次の瞬間。前を向かれます。この時点でまずいですよね。森俊、なぜここで強くいけないのか。山田はなぜ絞り切っていないのか。田口、なんでそのポジションなのか。この無機質に並べられた駒は壁にもならなかった

 

 

f:id:riomichi3160:20180817020304j:image

 

 

パス出されました。田口絶対追いつけないポジション。健太郎と、2枚目の時点でボールホルダーに前を向かれたことによって外をケアしなければならない大貴との間にギャップが生まれます。そこにキッチリポジションを取ったファブリシオ。この時点で失点もの。

 

f:id:riomichi3160:20180817020505j:image

 

 

時すでにお寿司。いや遅し。

 

 

完全に心を折られました。

 

 

今まで個でやってきた。守備陣だけのまとまりでやってきた。それを完全に壊されたのだ。そりゃこの後2失点する。

 

 

攻撃陣も為す術なし。柏木のアリバイ守備で縦パスが入りやすかった前半と、長澤にチェンジしてからの攻撃はまるで天と地の差があった。

 

 

オリヴェイラ監督は完全に「采配面」での修正を施した。それに対してうちは同じやられ方をずーーーーーっとしてきた。

 

 

ここですよ。ほんとに。監督がやらなきゃいけないことを放棄してるんだよ。

 

 

理想とは程遠い、怪我人やらなんやらいたとしてもやるべき事がここまで定まらないチームは初めてかもしれない。

 

 

名波浩の元でやりたい。そのブランドだけになってしまった磐田。ここからどうなっていくのでしょうか。

 

 

(次回に続いていきます)