ムチェルの塩釜焼き

ジュビロのことを真面目に不真面目に語ります

起きる難しさと寝ないという努力

はいどうも、埼スタの余韻が抜けきれてない人です。


とりあえずね、今日は駿のお話


開幕からちょいちょいいいプレーは見せるものの、そこまで相手の脅威にならなかった駿。それどころか完全にウィークポイントになってることも。(甲府戦とかね)


磐田が求めてる駿は若さを存分に使った運動量、相手からしてみたら「誰にも彼女の事言ったことないのにデート見られる」くらい嫌なタイミングでのオーバーラップ。そして触るか触らないかが逆にエロいよね的なスルーパス


それが出来たのが東京戦。


それを出来そうになったのが浦和戦。


個人的に駿にはめちゃめちゃ文句を言ってました。










出来るのを知ってるから


出来ない選手に出来ないことは求めないですよ。


そういう意味じゃ太亮とかサイカズにももっと求めたいけど出番がね…


話を戻すと、5月の駿は如何せん判断が遅かった。


俊輔がいるとかいないとか関係なしに遅かった。


個人的には松浦と相性がいいイメージ持ってたんだけどね。


6月も前への意識は高くなったけどパス精度と判断の遅さはまだ目立った。












そんな中での東京戦ですよ!!!


鳥肌立ちました。あれこそ求めていたもの、2アシストはほんとにブラボー、ブラボ、マンCのゴールキーパー


さぁ目覚めた。あとは寝ないだけ。けど寝ないって思うと寝ちゃうよね。


この難しい調整を出来るかどうか期待してます。




では!!!