ムチェルの塩釜焼き

ジュビロのことを真面目に不真面目に語ります

黄金期のお話

いやいやこの時間に更新することが多いのは許してほしいです。ごめんなさい

 

 

今日は磐田黄金期のお話。

 

 

いや実は名波のプレー集を見て、今度は俊哉見よ!って思ったら俊哉のプレー集ってないんですね。

 

 

あれだけのプレーヤーだったのに。

 

 

俊哉は10秒のプレーでと前後10秒ずつの計30秒取らないとわからないってのはある。

 

 

しかしあの頃の戦術というか攻撃は複雑すぎる。

 

 

名波がボールを持ったとき、誰が受けにくるのか。誰が楔になるのか。そういう約束事は多かったはず。

 

 

その中で俊哉はフリーマンタイプのトップ下でチャンスを作る。セカンドボールの落下地点に誰よりも早くいる。パスをもらうポジションから一気にこぼれ球をかっさらう。

 

 

今の日本にはこのタイプのトップ下はいない。

 

 

カウンターを喰らわない、だってセカンドがマイボールだから。

 

 

さらに高原、ゴンさんがスペースに出たり福西が追い越したりっていうサッカー。

 

 

 

 

負けるはずありませんよね

 

 

 

シーズン3敗?

 

 

 

見たら納得するはず、今のJリーグで通用するかはわからないけど。

 

 

 

そんな俊哉を褒め称えるブログでした。

 

 

(´-`).。oO(俊哉の切り返しで3人もスライディングするの意味わかんねえな。)

 

 

 

 

では!